地デジアンテナを設置するときに確認したいポイントは?

アンテナ設置は業者へ

地デジアンテナを設置する際、自分で取り付けを行おうと思うとかなり大変な作業になります。最近ではDIYに凝っていて自分で取り付けたという人もいるようですが、安全面や家自体への影響を考えると専門の業者に依頼することをお勧めします。

八木式アンテナは大きいことはもちろん、設置場所も屋根に取り付けることが多いため、不安定な足場で慣れない作業をすることで大きな事故に繋がる危険性があります。仮に設置ができても屋外に設置される八木アンテナは風雨や積雪などの影響を受けやすく、しっかりと固定できていない場合は台風や雪などで倒れてくる危険性もあります。

また、壁に取り付けるため八木式アンテナよりも楽に設置ができると思われがちな平面アンテナですが、屋根の上よりも壁に設置するほうが電波の受信感度は落ちやすく、設置場所によっては上手く電波が受信できないこともあります。これも業者に任せることで、電波を受信しやすい場所を調査してくれます。更に、壁に穴を開ける必要があるため、自分で設置する場合には適した処理をしないとそこから雨水が入り込み、家が傷む原因にもなりかねません。

まずは一度自分の家の電波状況がどのような環境にあるのか専門の業者に見てもらうか、新築で建てた家であればハウスメーカーさんに近所のテレビの受信状況などを聞いてみると良いでしょう。

業者選びは慎重に
Previous post
様々なアンテナの種類
Next post