地デジアンテナを設置するときに確認したいポイントは?

地デジアンテナは必需品

日本のテレビ放送は2011年に従来のアナログ式から完全に地上デジタル式へと移行しました。それに伴って新たに地デジ対応テレビを購入したり、地デジアンテナの設置を行ったという人も多いでしょう。当時は大きな話題となったため、地デジ放送に完全以降するまでに対策を採ろうと考える機会も多かったでしょうが、当たり前にテレビを見られる環境になってしまうと、つい地デジアンテナの存在について忘れてしまうということもあります。

特に盲点なのは、新築で家を購入した時です。集合住宅やマンションなどでは共同アンテナを立てているケースが多いため、それまで不便を感じていなくとも、いざ新築戸建てに引っ越した時に地デジアンテナの設置を忘れていると、テレビをケーブルに繋いでも見ることができないといったトラブルに見舞われてしまいます。

山奥や高層ビルが建ち並ぶ場所など、電波の悪い地域ではケーブルテレビや光ファイバーを利用することで地デジアンテナを設置しなくともテレビの視聴ができる地域もありますが、月額の使用料も発生するため、電波が問題なく届くエリアであればテレビの視聴には地デジアンテナを設置することが一般的です。

しかし地デジアンテナを設置しようと思うと、どういったアンテナを選ぶべきか、注意すべきことはあるかなど様々な問題にぶつかるかと思います。このサイトでは、戸建ての家庭で地デジアンテナを設置する際に気をつけておきたい点や業者への依頼の方法などについて紹介します。

様々なアンテナの種類
Previous post
地デジアンテナは必需品
Next post