地デジアンテナを設置するときに確認したいポイントは?

様々なアンテナの種類

アンテナにもいくつかの種類があり、まずは大雑把に地デジアンテナとBS・CSアンテナの2種類に分けられます。地デジアンテナは地上デジタル放送のテレビ番組を受信するために必要なアンテナです。そしてBS・CSアンテナは、地上デジタル放送とは別に、電波の周波数や波長が異なるBS放送やCS放送を受信するためのアンテナになります。

地デジアンテナの中にも形状によって種類が分類されます。よく屋根の上に取り付けられている姿を見かけるのが「八木式アンテナ」です。魚の骨のような形をした大型のアンテナなので、アンテナといえばこれを思い浮かべるという人も多いかと思います。屋根の上など高いところに設置するため電波を受信しやすいというメリットがありますが、大きいため見た目が気になるという人もいます。

壁に取り付けるタイプで、一見するとアンテナだと思えないほどスッキリした形の「平面(デザイン)アンテナ」というものもあります。八木式と異なり屋根を傷めることもなく、強風や積雪の影響を受けにくい点もメリットです。しかし、屋根と比べて低い壁面に設置するため場所によっては電波が受信できないこともあります。

家の中に置くことができる小型の室内用アンテナもありますが、性能は八木式アンテナや平面アンテナよりも劣り、電波を安定して受信することが難しいためお勧めできません。

アンテナ設置は業者へ
Previous post
地デジアンテナは必需品
Next post